mynum-top03

平成27年10月から住民票を有する全ての方に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。事業者は従業員のマイナンバーを収集し、安全に保管しながら、社会保証や税に関わる書類に個人番号を記載し、税務署等に提出しなければなりません。

movie45_icn
マイナンバー制度解説

mynum1

第1章 マイナンバーの取得から安全管理まで

mynum2

第2章 マイナンバーの取得

mynum3

第3章 マイナンバーの利用・提供

mynum4

第4章 マイナンバーの保管・廃棄

mynum5

第5章 マイナンバーの安全管理措置

mynum6

企業・自治体のマイナンバー制施行10問10答

平成28年1月マイナンバー制度スタート

1 取得

事業者は社員や、パート、アルバイトなどのマイナンバーを収集します。

mynumber01

2 利用・提供

社会保険、源泉徴収票などにマイナンバーを記載し、税務署等に提出。

利用•提供

3 保管・廃棄

マイナンバーは年ごとにファイリングして保管。不要になったら廃棄・削除。

保管•廃棄

4 安全管理措置

マイナンバー漏えい、紛失リスクに対する対策をたてて、安全に管理。

mynumber04

特定個人情報の適正な取扱いのガイドラインの中では、マイナンバーの取り扱いについて以下のように記載されています。
マイナンバーの保管・廃棄について:必要がある場合だけ保管が可能。必要がなくなったら廃棄が必要です。
マイナンバーの安全管理について:個人番号・特定個人情報を保護するために、必要かつ適切な安全管理措置が必要です。

マイナンバーの安全な保管、廃棄、管理についてのソリューションはこちら→

マイナンバーの安全な保管•廃棄にAOSBOXと、電子データシュレッダー®

terminator-aosbox

terminator-shredder

マイナンバー法の厳守のために、AOSは低コストで簡単な保管・廃棄のサービスとツールを提供します。

安全なマイナンバーの保管にはAOSBOX、マイナンバーの廃棄・消去の法令厳守には、電子データシュレッダーがおすすめです。