マイナンバーの消去

法令で定められた保存期間を経過したマイナンバーは、速やかに廃棄・削除が義務付けられています。ファイリングされた書類であれば、シュレッダーなどで、復元できないように廃棄、データであれば、電子データシュレッダーで復元不可能なレベルでデータ消去など、漏えい対策に備えたマイナンバーの廃棄・消去の仕組みが必要です。

ゴミ箱を空にしてもパソコンの中のデータは完全には消えません

ゴミ箱を空にしても

ファイルをゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にしても、それだけではデータを完全に消去することはできません。特殊なツールをつかえば、消したマイナンバーデータも復元が可能です。パソコンや、サーバーのマイナンバーの削除には、電子データシュレッダーで復元できないレベルまで完全に消去することが、マイナンバー法の厳守に有効です。

電子データシュレッダー®なら、復元不可能なレベルで消去

復元不可能なレベルで消去

電子データシュレッダーなら、マイナンバーデータを削除したことをレポートで提出が可能です。抹消ボタンをクリックして、”抹消済ファイルをレポートに含める”にチェックを入れるだけで、消去の結果をレポートとして提出することができます。マイナンバー法に準拠して、厳格に管理している証明ができます。

サーバーとパソコンの不要になったマイナンバーは電子データシュレッダー®

電子データシュレッダー®

電子データシュレッダーは、社内サーバーや担当者のパソコンの不要になったマイナンバーデータだけを選んで復元できないレベルで完全に消去することが可能です。不要になったマイナンバーの廃棄削除には電子データシュレッダーがおすすめです。

マイナンバーの安全な保管•廃棄にAOSBOXと、電子データシュレッダー®

terminator-aosbox

terminator-shredder

マイナンバー法の厳守のために、AOSは低コストで簡単な保管・廃棄のサービスとツールを提供します。

安全なマイナンバーの保管にはAOSBOX、マイナンバーの廃棄・消去の法令厳守には、電子データシュレッダーがおすすめです。